ガーデン・リペアM 擁壁洗浄施工

ClipboardImage

ClipboardImage
弊社ガーデン事業部で施工を承りました外構工事現場での施工でした。
新築を建てられたのですが、既存の擁壁が非常に汚れていました。せっかくなので、とご提案をさせていただき擁壁に発生した汚れの洗浄をご依頼されました。
 良く見かけるこの擁壁の汚れ。実はカビが原因ということは余り知られていません。
 カビだという認識が無いため、経年劣化での汚れと勘違いされている方も多くおられ、落ちないと諦めている方も大勢いらっしゃいます。最近よく通販番組などで紹介されている高圧洗浄機などで表面のカビは落とせるのですが、根っこの部分が残っており再発までが非常に早く最初の数回で洗浄を諦める方も多いのではないでしょうか?
 高圧洗浄機のみだと再発が早いのには理由があります。
 少しカビのお話になるのですが、カビには表在性のものと深在性のものがあります。表在性のものは表面にのみ発生するカビです。このタイプのカビはほぼ表面にしかいないため、高圧洗浄機でもある程度の再発は防ぐことが出来ると考えられます。
 問題は深在性です。深在性のカビは下地に深く根を張ります。代表的な種類は俗にクロカビと呼ばれているクラドスポリウム属になります。この種類はコンクリートやブロック部分でも比較的よく見られます。室内だとお風呂場のパッキンなどにも良く発生する生活に身近なカビです。このクラドスポリウム属ですが、深在性のカビであるため下地に深く根を張ります。高圧洗浄機だと表面部分のみしか取れず、根が残っているために早い段階で胞子をつけ繁殖するため、再発が早いのです。
 【ガーデン・リペアM カビ用】は、下地を水を吸う浸透圧という性質を利用し、下地の奥まで浸透します。そのため、下地に深く根を張り奥に潜んでいる深在性のカビの核菌まで届き分解・除去させます。再発までの期間を抑えることが出来るのは、こういった理由があるからなんです。



ClipboardImage
 【ガーデン・リペアM カビ用】の施工中の写真です。
 向かって左と右でどれくらい汚れが落ちているかハッキリ見ていただけると思います。まだ施工中で擁壁表面が濡れているため、まだ若干汚れているように見えますが、完全に乾燥するともっと明るい色になります。
 【ガーデン・リペアM カビ用】は、カビというタンパク質をアミノ酸に分解して除去するため、そのまま排水してしまっても環境などに負荷を与えません。また、ガーデン・リペア自体も食品添加物を主原料にして作成しており自然にも下地にも人にも安心・安全な全く新しい洗浄剤です。


ClipboardImage
洗浄施工後の写真になります。
 最初の写真と比べると汚れがハッキリ落ちているのが良くお分かり頂けると思います。
 一部汚れが残っているように見えますが、まだ乾燥していないためにそう見えている部分もあります。
住宅団地を車で走るとよく住宅の擁壁部分やブロック塀にカビが発生しているのを見かけることが多いです。そういったご家庭ではお風呂場や窓枠のサッシ部分にもカビが発生している場合が多いと伺います。考えてみれば当然のお話なのですが、ブロック塀や擁壁部分にカビが大発生しており、カビの製造工場になっているため住宅内部にもカビが侵入しやすく、お風呂場やサッシ部分にカビが発生することが多いのです。
 ガーデン、エクステリアの汚れだけでなくお風呂場やサッシ部分のカビにお悩みの方も是非ご相談ください!!
 全国にあるお近くのガーデン・リペア正規施工加盟店がお伺いいたします!!



« トップページに戻る
ガーデン・リペア 加盟取扱店様専用ページ